女優ソン・イェジン主演『共犯』首位発進

ソン・イェジン、キム・ガプス主演の映画『共犯』が好調なスタートを切った。

ソン・イェジン画像20131025a.jpg
『共犯』が1位発進でほっと一息の女優ソン・イェジン



 10月24日公開の『共犯』は同日11万4570人(25日、映画振興委員会・映画館
入場券統合ネットワーク調べ、以下同じ)が入場、興行成績ランキングで1位に。
公開前の試写会を含めた通算観客動員数は12万956人。

 一方、それまで興行成績ランキング1位だった『ゼロ・グラビティ』は同日7万
3187人の観客を動員し、興行成績2位に。通算観客動員数は115万8670人と
なっている。 3位は『ファイ: 怪物を飲み込んだ子ども』で同日の観客数が2万
7530人、通算観客動員数は208万3310人だった。


アン・イスル記者
STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2013/10/25より
タグ:共犯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378922840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。